股旅

アクセスカウンタ

zoom RSS LIFE

<<   作成日時 : 2015/01/03 15:20   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

画像


美しいものを見たときにあなたならどうる?

カメラ付きの携帯が出た時にどれだけ喜んで撮りまっただろうか
毎日の空や山の頂からの雲
野に咲く花々や激しい水の流れ
何をどう頑張ったって写真の向こうにいる人には全ては届かない
それと同時に自分のその瞬間も時とともに霞んでしまう

この映画に出てくるカメラマンがこんなことを言っていた
「もし その瞬間が俺にとって好きな瞬間なら カメラに邪魔されたくない」

もっともだ、自分がその場にその瞬間にいるのに自分の目で見ないなんてもったいない
いつからかそんなふうに思うようになっていた
今でも写真や動画はたくさん撮るけれどその時はやはり自分の目だけで見ています

とてもとても贅沢な時

考える前に動いてしまおう、その先には素晴らしい何かがあるから

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
産廃の仕事に携わっている夫
昨年の負傷によってポジションが
変更されてからは
受け入れる品種が違ってきた為に
現在はもうそんな物は見ないようですが…
以前までは時おり個人の遺品が
持ち込まれてきていたとのこと。
いわゆる遺品整理屋さんが産廃へと
持ち込まれる形なのでしょう。

そこでたくさんの遺品の処分に
携わっていた夫の話を
今ふと想いだしまして・・・

見知らぬ人の家族写真
遺品の数々にその人の人生を
垣間見る思いがしたものだ、と夫。

それは確かにその人が存在したという証し。
愛用していたのであろう備品、衣服etc...
写真にいたってはその人の人生の
喜怒哀楽の瞬間を切り取ったものばかり。
写し手によってはライフそのものを
透過させてこちらに伝えてくるかのよう。

私も写真は ひとりほくそ笑んで
眺めていることのほうが多い気がします。
デジカメよりもスマホのほうが画素数が
高いので専らスマホで撮影しては
クロームキャスト経由でTVで見ています。

本当に良き時代になりました。
が、、
アナログの良さは決して失いたくないです。
古き写真を見つめていると
過去からこちらに向かって手を振っている
そんな自分に会えます。

デジタルの中に在る今の自分が
如何に ズルさを覚え
嫌な側面をもったかを
ちょっと思い知らされる
そんな瞬間があったりもして…

新年早々、反れたコメントになり
失礼いたしました。
2015年がマタさんにとりまして
良い年となりますよう!
心からお祈りしています。

小枝
2015/01/08 01:17
小枝さん今日は
この前TVで爆笑問題のお二方が東京の埋め立て地に番組で行ってました
人間の欲望の最執着点と誰かが言ってたっけ
それと旦那さんの以前のお仕事とはかなり違うのでしょうがそんなことを思い出しました。
私は便利なものを使うと堕落するのではないかとかねがね心配してしまうのでなかなか便利グッズなどには手を出さないのですが野菜などの皮むき機ピューラーって言うんですかねー あれを使った時の衝撃は今でも忘れません
それから徐々に新しいものも考えて使えば悪くないなどと勝手解釈でとうとうiPhoneまで使い始めた次第です(笑)
でもいつでも無くなっても困らないように心がけてますけどね(^^;;

まとまりのない話でまた今年一年お世話になります
どうか小枝さんにとってよい年になりますように
風邪などひきませぬように

でわでわ

股旅
2015/01/08 16:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
LIFE 股旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる