岐阜「日龍峯寺」から「平成」道の駅 そして下呂温泉まで

日曜日にテレビを見ていたら NHK「ゆく年くる年」に出たというお寺を紹介していました。 名は「日龍峯寺」(にちりゅうぶじ) https://www.takasawakannon.com 岐阜で一番古いお寺だとかで確かに歴史を感じます 京都のあの寺に似ており「ゆく年くる年」放送後には 昨年参拝者が三倍にも膨れ上…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

とにかく笑えれば

頭に薄い靄がかかるような 膝から崩れ落ちそんな 気がつくとため息をついている 気がつくと思い出している 昨日も明日も知りはりない 今は今があるだけ わざと笑ってみせる わざと思い悩んだ顔をする 足元を見つめてたはずなのに どこか遠くを見ていたり 寝ていたはずなのに天井を睨ん…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ミッドナイト バス

一月の終わりに79歳の誕生日を迎えた母からこんなメールが来た 「新潟で撮影をした映画が見たい  20日公開だけどもし名古屋でも見る事出来る 私見てないけど  懐かしいかもよ ご案内まで              ではでは」 さっそく一日 『映画の日』 に観てきましたよ 人は結婚すると新しい家族ができ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

『人生フルーツ』をみる

この映画をご存知でしょうか 風と、雑木林と、建築家夫婦のお話です。 樹木希林さんのナレーションでゆっくりと映画は進みま ゆっくりゆっくり 少しずつ少しずつ 田畑を耕し果物を作るように 観ている私も映画の中に入り込み 土を感じ 風を感じ 英子さんの御飯やお菓子に舌鼓をうち 笑…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

2017 アカデミー賞 追悼

毎年アカデミー賞授賞式を見るたびに思うのは その年に亡くなられた映画人を追悼する場面に心を痛めること 今回はキャリー・フィッシャーは勿論のこと私を驚かせたのは ジーン・ワイルダーその人です 彼にはことのほか思い入れがあり物心ついた時にはすでにいくつかの彼の作品を観ていました …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

訃報の先に

先日ジョージ・マイケルさんが亡くなられたという記事を読み 仕事が終わり今朝の4時に帰るとスマホのニュースで彼女が死んだと言っていた あのキャリー・フィッシャーさんが逝かれたと 伝説の映画を支えるヒロイン、永遠のプリンセスが 今は言葉も出ない、笑顔の彼女を見ていたい 人はあまりにも売れすぎてし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

七人の侍

「午前十時の映画祭」を知っていますか? 名作映画を映画館でリバイバル上映する企画です。 先日の上映は「七人の侍」 何度観てもまた観たくなる 映画館から出たばかりでもすぐに引き返してしまいたくなる、そんな映画です。 いろいろと話したいことは沢山あるのですが今回は観た中で一番の感動はこのシーン 菊千代が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画『エベレスト』

この映画は実話である 何も知らずに借りてきて観始めたら食い入るように最後まで一気に観てしまいました こんな台詞がある 「サウス・コル到達地点から、“肉体は死にはじめる、ホントに死にはじめる” 文字通り“デス・ゾーン”だ」 サウス・コルとはsouth-col 山頂の南側の鞍部(馬の鞍を載せる部分に見た目ば似ている) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『はじまりのうた』 BEGIN AGAIN

とても素直な気持ちになれる 彼女はちょっぴり変わってるけど自分の心に真っすぐ 人にも自分にも嘘をつかない 「音楽は魔法」 そう、確かにそう思う 誰にでも一つや二つは心に響く音楽を持っているはず 好きとか嫌いじゃなくてね ある時は勇気をもらいある時は悲しみに深く沈む 激怒したり恥ずかしくなった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『俳優 亀岡拓次』

私が愛してやまない役者さんにやすけんこと安田顕さんがいる 彼からの醸し出される空気が私を包む 彼を知ったのは深夜のテレビ番組で当時は彼が何者なのかとんと見当がつかなかった しかしその頃から今に至るまで彼から流れてくる空気はなんら変わらない 彼を取り巻く彼らの存在も見ていて気持ちがいいのだ 亀岡拓次もそんな彼の存在、空気、もしくはオー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ミセスダウト

「かわいいケイティ  パパとママが別々に暮らしていたほうごいいこともあるの  喧嘩しているときより、よい人間でよいパパとママになれるの  そして仲直りするときもあるし、しない事もある  決してあなたのせいではないの  あなた達への愛がなくなったわけではないのよ  ファミリーには色々あるの  ママしかいない家  パパし…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

『シークレット・ロード』 ロビン・ウィリアムズ

ロビン・ウィリアムズさんの4つの遺作の1つ 『シークレット・ロード』です 自分を偽り現実逃避し続けたのだろうか 友も社会も当然妻も理解するには受け入れ難くやすやすとはいかないだろうな もしも私が… もしも私がそうならば、今を捨てて自分の本質と向かい合えるだろうか? 答えはきっと「Yes」 長い間の苦…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

なみだ

流しなさい 枯れることのないなみだよ 悲しくて流すもの 愛おしくて流すもの 怒りはいらない 闇に捨ててきなさい 流したら 後はふけばいい また流れるまでは忘れなさい 私のように
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2015最初の山行き 「御池岳、鈴北岳」

御池岳 標高 1247m 滋賀県東近江市 鈴北岳 標高 1130m ここ数年登り続けている鈴鹿山脈の最高峰の「御池岳」にトライ トライと言っても優しい山なので沢山の人に来て頂きたい 朝4時30分起床、すでに空は明るく山までの1時間以上の道のりなので悔む もっと早く起きるか夜のうちに登山口ま…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

答えなくていい問い

どうしてる 何を思う 悩みは 幸せは どこにいる 進んでる 止まるなよ 時には休めよ 食べてる 動いてる 悩んでる 焦ってる 躓いてる 幸せ感じてる 止まるなよ 時には休めよ 腹減ってる バカみたいに笑ってる 愚痴ってる ニヤついてる 強がってる 口癖まだ言ってる 進めよ ゆっくりと…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

幸せな朝の目覚め

夢を見たんだ とても穏やかで暖かい気持ち 心の底から幸せが湧き上がってきたよ 今一番僕が望む形がそこにあったんだ 夢のような夢 夢にまで見た夢 また君に逢えたね
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

さすらい 股旅

「さすらい」を聴きたくなる時があるんですよ 何年かに一度無性にね 最初に聴いたのはいつだったか覚えてませんがその時の気持ちはいまでもありありと思い出します 俺は何をやっているんだ! もっと頑張らなきゃダメだろう! すべてにたいして… 不意に飛び蹴りを食らったような衝撃を味わった気がするな たしかに人生を「旅」に例えるならさすらわなきゃい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロビン・ウィリアムズ作品を追う旅 つづき

 何かを得れば 何かを失う 君は寂しそうにそう言ったね 失うことは不可能なんだ だって君と僕は一つなのだから 幾度でも生まれ変わり 幾度でも回り逢う どんなに遠くても どんなに時が経っても必ずね ここじゃないどこか 今じゃないいつか 君は力いっぱいそう言ったね ここではダメだったけど 今じゃなかったけ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

二等分

あいつの母が亡くなったって 一昨日知ったけど 今夜お通夜だって言ってたけど この頃なんだか気持ちが落ちててどうにも足がそちらに向きそうもないや 田舎の両親元気なんだろか 「オレオレ」って電話してみようかな 笑ってくれるかな いいこと半分 悪いこと半分 その娘が彼と別れたとかって 一昨日知ったけど 「いろいろあっ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

一人芝居の魅力

 一人芝居の魅力と言ってもお芝居の大作と言ったものではなくお笑いの大作かな とにかく職人の仕事、匠の技なのだすね  そもそも彼を知ったのは「お笑いスター誕生!!」という1980年代初頭に人気だったTV番組でこのスタイルで一人芝居をやっていたな~ 何週間か勝ち抜くとチャンピオンになって嬉しいっていう番組で出演したお笑いの人々の中…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more